葬儀で故人を偲ぶ 焼香をあげる お寺に頼む 墓場で拝む

どんな人が選ぶのか

家族葬という葬式の仕方を選ぶ人たちにはその人たちの事情や思いなどがあって、そういった方法を選択しています。
家族葬には通常のお葬式に比べてどんな部分が良いのか、見てみます。
まず、家族葬はたくさんの人が参列するわけではなく、身内だけで執り行われるというところが特徴と言えます。これは、家族だけでゆっくりと静かにお別れしたいといった人たちにとって、思いが反映されている部分だと言えます。
通常のお葬式の場合だと、亡くなった人に縁があった人や友達など多くの人が参列するので、その人たちの対応もしたりしなければなりません。それはゆっくりとお別れをしたいという人にとっては、そういったことがしにくい方法だと言えます。
それに比べると家族葬は家族、親族などだけでお別れすることが出来るので、他の人の対応をすることなく葬儀を執り行うことができます。
他にも、金銭的な面で通常のお葬式のような葬儀は出来ないといった人たちもいます。
家族葬はお葬式に参列したりする人が少ない分、コストを抑えることも出来ます。斎場の中には家族葬を行うためだけの斎場などもあったりします。

家族葬にはそんな人たちにも選ばれているお葬式の形なのです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031